「出会い系」は出会えるのか?

最近になって、出会い系アプリケーションが続々と誕生してきましたが、Eyelandもそのひとつです。名前は聞いたことあるかもしれませんが、大切なのは本当に会えるかどうか、という点ですよね。では実際にどうなのか。

出会い系サイトなどを使っていると、こういった壁にぶつかることがよくあります。

「ログインしている人がほとんどいない」

そうなんです。出会い系サイトというのは、数え切れないほど存在するため、ひとつひとつの利用人口が低くなってしまう傾向にあるんですね。これはSNSなんかでも同じですが、ログインしている人が少ない=選択肢が限られている、ということですから、つまり「会える可能性が低い」ってことなんです。サイトによっては、最終ログイン日時を表示していたりもしますが、そもそもログインしている人が少ないのであればそんなもの意味がないですし、その表示すらないところもある。これでは出会えなくて当たり前です。

しかしEyelandは、ログイン中の人のアバターが地図上に表示されるため、与えられた選択肢がハッキリとわかるうえ、リアルタイムのコミュニケーションがとれるということで人気がありますから、利用人口が高いんですね。
物理的な面からいって、Eyelandは出会いやすいといえるのです。

◇ガードは固い?緩い?

あとは、登録している人物上の問題ですね。ログイン中の異性がたくさんいたからといって、じゃあ出会えるのかとなると話は別です。ではどうなのか。

これは「そこそこ」といったところでしょう。

まず、Eyelandを使っている人の多くは、10代から20代の若年層であるため、歳を重ねた人よりも「出会い」に対するガードは緩いといえます。連絡先の交換にも抵抗のない子がほとんどでしょう。じゃあ出会えるんじゃないか、と思われるかもしれませんが、そうではありません。関わってくるのはEyelandの「利用目的」です。

Eyelandは、出会い系アプリケーションとは言われていますが、それは出会いを求める人たちが勝手に呼んでいるだけで、実際はSNSのような感覚でアプリ内でのコミュニケーションを楽しむためだけに登録している子も多いのです。

みなさんはSNSで出会いを探してみたことがありますか?
粘り強くやっていけば何人かと会うことはできるでしょうが、登録者のほとんどが「出会いを欲していない」ため、なかなか簡単にはいかないのです。

Eyelandに関しては、出会い系アプリとしてその名が知れていますから、女性にも男性にも出会い目的の人はいて、その割合はSNSよりも高いといえます。つまり、Eyelandは、出会い系サイトとSNSの中間に位置するようなものなんですね。決して全員が出会いを求めているわけではないので、出会い系サイトで異性とやりとりするよりは、出会いにこぎつけられる可能性は低いといえるでしょう。

この特性を知ったうえで立ち回ると、さらに有利です。それは出会いの確率アップに繋がりますから、Eyelandの特徴をしっかり覚えて、異性と連絡をとりましょう。